2008年12月11日

Seven Seas Of Rhye (上)

寝ても醒めても視界を占め続ける、様々な諧調の青と白。

吹き付けるのは潮っぽく湿った風。

耳に聞こえてくるのは、時に高く時に低く、轟くような囁くような波の音。


数ヶ月に及ぶ航海で、数え切れないほど繰り返されたそうした諸々を、彼女は懐かしさすら覚えながら思い返している。
今、湿り気の多い風の他には、それらは彼女の周りにはない。

船は彼女を置いて、水平線の向こうへ去った。

彼女の旅は終わったのだ、ひとまずは。

続きを読む
posted by ブリアレオス at 21:11| Comment(2) | TrackBack(0) | Story of Hecatoncheir | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月10日

終幕の挨拶

お初にお目にかかります。

ブリアレオスを演じておりました中の人、浮落・Flackと申します。

長々と続けて参りました当ブログ『海原の放蕩息子』ですが、誠に申し訳ないことながら、このたび正式に更新停止とさせていただくことになりました。

併せて、『大航海時代online』プレイについても、一端停止することにしました。

唐突で申し訳ありません。


続きを読む
posted by ブリアレオス at 15:10| Comment(11) | TrackBack(0) | 航海日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月10日

船は舫を解いて

よぉ。

随分なご無沙汰(って挨拶が恒例化してんのもどうかと思うが)だったが、元気でやってたか?

俺ゃあってぇと、まぁ相変わらず山賊稼業に勢出したり、あくせく働いたり、飲んだくれたりしてたわけだ。

海か?
おぅ、ぼつぼつ戻ろうかと思っちゃいるぜ。
別に海が嫌いになったり、人生に絶望したりしちゃいねぇしな。
色々とな、創作意欲だとかネタだとか、前向きな気分だとか「海」分だとかが、ほんのちょびっと足りねぇだけさ。



で、話ゃあ唐突にワキへ逸れんだが、気になる話を小耳に挟んだもんで、今朝方バンディット走らせて港の方へ行って来たのよ。

続きを読む
posted by ブリアレオス at 13:03| Comment(1) | TrackBack(0) | 航海日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月27日

山賊 東へ

またしても、海とあまり関係ねぇ話で申し訳ねぇが。

天気もなんとか保ちそうなんで、明日、東京へ向けて走る。


続きを読む
posted by ブリアレオス at 09:45| Comment(2) | TrackBack(0) | 航海日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月19日

山賊・ブリアレオス

また随分と間を空けちまった。

まぁ色々と思うところもありやがんのと、ちょいと色々リズムが合わねぇのもあって、なかなか海へは戻れねぇでいる。

今やこの俺、百本腕のブリアレオスをご存知の向きも随分少なくなっちまって、「このエラそうな野郎は何だ」ってぇ客人衆も多いこったろう。
有為転変、世の中何でもそういうもんだろうと俺ゃあ思ってるんで、まぁ、そいつも無理からねぇトコだろうぜ。


ともかくもそんな具合で、近頃の俺ゃあ一体どこで何やらかしてんのかってぇと、だな。





続きを読む
posted by ブリアレオス at 00:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 航海日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。