2006年10月06日

H.M.S.ゴスホークの迷走

降りる枝なく降りかねて

鷹の飛び続ける如く

海原さまよう船一隻

風なく潮なく港なく

ただ漂いて波の上



−H.M.S.ゴスホークの航海日誌(字の書ける者持ち回り)より−



続きを読む
posted by ブリアレオス at 12:49| Comment(4) | TrackBack(0) | 航海日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月19日

酔いどれの日々

貧乏徳利.JPG

最近、休みは昼日中から酒を喰らい、夜は夜でやっぱり酒を喰らい、眠くなると寝るってぇ、自堕落を絵に描いて額に納めてワックスで磨いたみてぇな日々を送ってる。

いや、別に世の中に絶望したとか、生きるつらさに耐えかねてって具合にやさぐれてるわけじゃあねぇんだぜ。

単純に動かしがたい絶対的真理として、「昼酒は美味い」って事実があるだけだ。
で、俺ゃあ真理の探求者として、日々、いまだ明かされざるその秘奥の境地を探ってるって寸法よ。
なぁに、平日の仕事中から飲みゃしねぇから安心しろ。

そんなわけで今日は(も?)酒の話だ。

続きを読む
posted by ブリアレオス at 16:01| Comment(4) | TrackBack(0) | 航海日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月25日

ヘカトンケイル・クッキング No.5

ひさしぶりのクッキング記事は、イングランド野郎なら何はなくとも食っておきてぇあのメニュー。

「フィッシュ&チップス」

今日はこいつで一杯といこうか。


続きを読む
posted by ブリアレオス at 21:39| Comment(4) | TrackBack(0) | 航海日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月20日

三匹がきる

何をきるかってぇと、主に飲み代の勘定をカードでな。


先週、水曜から出張で東京へ行ってたカパさんを迎撃するべく、15・16日の週末に東京在住の船長有志の面々が、突発オフ会を目論んでるってぇ話を小耳に挟んだ。

俺ゃあ基本的には出不精に出来上がってんだが、まだ会ったことのねぇヤツや、気心知れたヤツらと酒飲んで話が出来るってぇ機会は、そうそう見逃せねぇわけよ。
日程調整出来そうだったんで、東京遠征をほぼ即座に決定した。



続きを読む
posted by ブリアレオス at 10:00| Comment(1) | TrackBack(2) | 航海日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月29日

「リアル生物学の世界」in 名古屋

いやぁ、今年も暑いな。
寒いのは着込めばなんとかなるが、暑いのはどうにもならねぇから始末悪ぃや。
いっそ、真っ白な砂と真っ青な空しかねぇどっかの浜辺へ、昼寝しに行っちまいてぇくらいだが、残念ながらそういうわけにもいかねぇ。

うだるような生ぬるい空気の中、せめて面白ぇことで気を紛らわせてみようじゃねぇか、ってぇのが今日のお話よ。


続きを読む
posted by ブリアレオス at 14:58| Comment(1) | TrackBack(0) | 航海日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月20日

十字砲火バトン

なんか知らんが、ナータジャンヌが同時に十字砲火で同じバトンを寄こしたんで、回答しとくぜ。


続きを読む
posted by ブリアレオス at 18:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 航海日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

放蕩息子の放浪

すっかりごぶさたしちまってるが、元気でやってっか。

ここの更新もえれぇ滞っちまって、5月はついに最低記事数2を記録だ。
よっぽどネタがなかったんだな。

そりゃまぁ、例の定期的にまわってくるスランプの波だのなんだのあって、ロクにInすらしてねぇ状態で、もりもり更新しようってのが土台ムリな話だよな。
毎度毎度、ふがいねぇ商会代表を、放り出すことなく付いて来てくれてる我が青薔薇の仲間達にゃあ、実に感謝に耐えねぇ。

ありがとう、手前ぇらは最高だ。


続きを読む
posted by ブリアレオス at 11:32| Comment(2) | TrackBack(0) | 航海日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月06日

クジラの土曜日

ふじ.JPG

連休まっただ中、気晴らしに、また自転車で名古屋港水族館へ行ってきた。
今回は一応デジカメ持ってったんで写真いっぱい。



続きを読む
posted by ブリアレオス at 22:09| Comment(1) | TrackBack(0) | 航海日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月30日

しばらくお待ちください

Hecatoncheir story generator(百腕式創話システム)障害発生の為、臨時メンテナンスを行っております。

メンテナンス中は更新が完全停止いたしますので、あらかじめご了承ください。

ご迷惑をおかけいたしますが、ご理解とご協力のほど、よろしくお願いいたします。
posted by ブリアレオス at 18:05| Comment(3) | TrackBack(0) | 航海日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月29日

現世(ウツシヨ)ノ埠頭ニテ花ノ綻ブヲ眺ム

こう、手前ぇでおっぱじめといて何だが、ここんとこつくづく思っちまうんだな。

もはやウチゃ、大航海時代online関係ねぇサイトになってんだぜ、こりゃ。



続きを読む
posted by ブリアレオス at 18:07| Comment(6) | TrackBack(0) | 航海日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月20日

駄文書きの舞台裏

お話書くために、色々と調べる。
調べ始めるとあれこれ気になっちまって終わらねぇんだな。
けど、知らずにウソ書くのはイヤなもんで、しょうがねぇ。

今回のお題は、金。
Money。
通貨。


続きを読む
posted by ブリアレオス at 18:28| Comment(3) | TrackBack(0) | 航海日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月17日

Intermission......

誰に頼まれたわけでもねぇ、勝手にお話特集の真っ最中なんだが、ここで休憩兼ねて色々とな。
ちょうどホワイトサイドとブラックサイドの境目なんで、よしとしようぜ。




続きを読む
posted by ブリアレオス at 16:00| Comment(4) | TrackBack(4) | 航海日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月14日

Some Day One Day

よぉ、ご無沙汰しちまってんな。

順番どおりにいくと、今回は「Some Day One Day」なわけだが、正直いってこのお題で1本お話書ける気がしなかった。
ホワイトサイドは真っ当すぎていけねぇや。

さて。

本日をもって当「海原の放蕩息子」は一周年を迎えちまった。
エントリ数124(本エントリは125本目)、先月までの総訪問者数22,071、単純な全アクセス数の合計は121,321(リロードとかページ移動する度にカウントされちまうヤツな)だった。

毎度お運びの皆様方にゃ実に感謝に絶えねぇ。


当初、大航海時代onlineのリプレイブログを書くにあたって、プレイヤー視点から書いたサイトさんが多かったもんで、よそ様がやってねぇキャラクター一人称記述型でやらかしてみちゃどうだ、ってぇ思いつきで始めた。
同時に操る俺自身のキャラクターもこの時点で決定、ゲーム内でもこの調子でやらせてもらう事になった。

最近はリプレイブログってよりは、出来の悪ぃ二次創作サイトみてぇになっちまっててすっかりご不興を買ってる感じもするが、まぁこればっかりは手前ぇの関心の向いてる方向の問題なんで大目に見てやってくんな。

ゲーム本編の方は、ここんとこ忙しいのと気力足りねぇのとでなかなかログインしてねぇ(その分の鬱憤を駄文にしてたりはするんだが)が、当面足洗う予定もねぇんで細々とお付き合いいただけると有難ぇ。

この先、まだまだどうなってくんだか分かんねぇが、お付き合いいただいてる皆様方、そしてまだ出会ってねぇ皆様方、いつの日か皆同じ海に浮かぶことが出来れば最高だろうと思ってる。

これからもよろしく頼むぜ。


続きを読む
posted by ブリアレオス at 10:25| Comment(14) | TrackBack(0) | 航海日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月09日

Great King Rat

意見ってもんは個人が言わせるもんじゃねぇ。

立場が言わせるもんなんだよな。

くそったれどもめ。
posted by ブリアレオス at 23:53| Comment(3) | TrackBack(0) | 航海日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月28日

ジャンクフード一代記

どんな具合に出来上がるかってぇとだ…。

覚悟を完了したらクリック
posted by ブリアレオス at 19:58| Comment(5) | TrackBack(0) | 航海日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ヘカトンケイル・クッキング No.4

喪明けの記事としちゃどうだって気もするが、クッキング第4弾。

簡単なおかず、酒のアテにいいかもしれねぇチリビーンズをこさえてみた。

1.材料

A ベーシック版
合い挽きミンチ約200g、豆約150g(乾燥状態)、ホールトマト缶詰1缶、玉ねぎ1個。
B 手抜き版
コンビーフ1缶、豆水煮缶詰1缶、ホールトマト缶詰1缶、玉ねぎ1個。

2.作り方

ベーシックの場合、豆を水につけるとこからはじめる。
使う豆はインゲンでもヒヨコでもダイズでもなんでもいい。
本式にゃキドニービーンズってのを使うらしいが、どうせインゲン豆の一種なんで何でもいいや。
鍋でもボールでも丼でもなんでもいいので、豆を3倍くらいの水につけて半日から1日くらい放っとく。
水をとりかえて強火で沸騰、煮立ったら水を差して火を弱める。
浮いてくるアクをとりながら半煮え〜7割くらい煮る。
もちろん水煮の缶を使う場合はこの工程はいらねぇ。

次に、玉ねぎをみじん切りにしたヤツと肉を炒める。
コンビーフを使う場合はノザキとかの小さいサイズで多分十分だろう。
リビーのでけぇのを使うとすげぇ量になるからな(実際やった)。

炒まったら、豆とホールトマトを加えて塩・胡椒で味を調える。
多少煮詰まるのと、コンビーフを使う場合は初めから塩味がついてるのを計算にいれて塩を振れ。
塩気が決まったらチリペッパーを好みに応じて振る。
必ず塩を先に振ること。
辛味がついてからだと塩味の確認がやりづれぇぞ。
全部味を決めたらフタして弱〜中火で好きなだけ煮ろ。

3.注意点

・上でも書いたが、味付けは塩からやれ。
・コンビーフは保存肉特有の匂いがするので、ローリエとか入れるとマシかもしれねぇ。
・コンビーフを使うと、煮詰めたペディグリー・チャムみてぇに出来上がるんで覚悟しろ。
・栄養面が気になる向きは、ニンジンとかの緑黄色野菜をみじん切りで混ぜてもいいよな。


しっかり食っていい航海をな。
posted by ブリアレオス at 13:58| Comment(2) | TrackBack(0) | 航海日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月20日

半旗、潮風になびかせて

ある船乗りが死んだ(らしい)。

またある船乗りは最愛の家族を亡くした。

実に歯がゆいことだが、俺にゃあどうしてやることも出来ねぇ。
出来ねぇが、バカなりに色々と思うところはある。

H.M.S.Goshawk及び『海原の放蕩息子』は、弔意と偉大な船乗りを育てた親御さんへの敬意、それから死んだ(らしい)船乗りの復活を祈っての檄を込めつつ停船、更新を一時停止して喪に服す。


一応断っとくが、俺までつられて足洗うんじゃねぇかなんてぇ邪推は無用。
どのみち更新停止してるようなもんだってぇツッコミも無用。

船は走る為にある。
停船した船はまた錨を上げんのが世の決まりってもんよ。

なお、当記事は
posted by ブリアレオス at 15:15| Comment(3) | TrackBack(0) | 航海日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月10日

危うしハンス

副官雇用のシステムが実装されるらしい。
やや詳しい続報が発表されやがったな。

見てねぇ?さっさと確認して来い。

ここな。

ま、色々と遊びのハバが広がるのは結構なこった。
が。
ざっと見ての問題は、だ。

こいつら、リネーム出来んのかどうかってとこだな。

※ハンス先生急病の為、今週の「海原の放蕩息子」は休載させていただきます。
…みてぇなことにならねぇといいんだがな。
posted by ブリアレオス at 14:13| Comment(3) | TrackBack(0) | 航海日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月08日

taking inventory ......

不届き千万にも、スーザ船長ブログのリンク先が消滅してたのを放ったらかしにしちまってた。
毎度、手前ぇのサイトからのぞきに行ってたもんで、移転先のチェックが遅れちまった。
(ありゃ、サーバーダウンかぁ?とかのんきに構えてたらこのザマよ)
マリアナ海溝より深く反省しつつ、謹んで再リンク。

Eurosを股にかける、褐色のキューティ・ダイナマイッ、スーザ船長の活躍はこちら。

『落日の彼方へ』


その他にも、「なんでウチがリンクされてぇへんのんじゃ、ヴォケが」、「麿のサイトにリンクさせてつかわす」、「我が究極サイト、その目にしかと焼きつけよ」等色々ゆかいなお知らせお待ちしてんぜ。


あと一点お願いなんだがな。

なんかアクセス解析みてると、必ず「海原の放蕩息子」とそのものズバリを検索してお越しいただいてる方がいるんだが、ご面倒でなけりゃあブックマークしてもらえると嬉しいぜ。
もちろん、そのものズバリ検索すんのが趣味だってぇ事ならそれもOKなんだけどな。
posted by ブリアレオス at 15:48| Comment(2) | TrackBack(0) | 航海日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月29日

晴れた日曜日には

「海」分が足りねぇ。

海を描く燃料とでも言うか、イメージの源泉とでも言うか。
なんか無性に足りねぇ気がすんだよな。

そこでサイクリングついでに行って来たぜ、名古屋港。
いつかあるかもしれねぇ名古屋オフ(あるのか?)のための下見も兼ねて。

そう、野郎ひとりでな。

続きを読む
posted by ブリアレオス at 18:30| Comment(7) | TrackBack(0) | 航海日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。