2007年02月15日

物狂東都之杯(ものぐるひとうとのさかずき)

先週の金曜にふと思い立って、次の日に東京へ行くことにしたって話の続きだ。

何せ今日言って明日、って具合だからな。
Amazonの通販だって届きゃしねぇ。
俺もまず一人で船みて帰ってくるくらいのつもりで、10日朝の新幹線に乗った。

この時点で、「船の科学館」へ南極観測船・宗谷を見に行く以外のことは何一つ決まってなかった。
無論、日帰りにしちまうのか、どこかへしけこむのか、それすら決めてねぇ。
完全に勢いまかせ、風の向くまま気の向くままってヤツよ。


-----------------------------------------------------

品川駅へ到着(この時点で朝9時過ぎだ)した俺は、またしても面倒見のいいRanzoからの電話で、浜松町へと移動して合流、築地でカレーを(朝から)喰らった。

土曜の朝っぱらから、えれぇ人出の東京の街。
さすがは首都たる大東京。
正直いって、大阪や名古屋とはヒトの頭数がケタ一つ位は違う印象だよな。
最初は壮観だが、まっすぐ歩くのにも邪魔になるくれぇな人数だからな。
仕舞いにゃあ、片っ端からガレーの漕ぎ手にでも徴募しちまいたくなっちまう。
いやはや、東京で暮らすってぇのはサバイバルだぜ。


カレー喰った俺達は、やや遅れてお台場は「船の科学館」へ。

俺ゃあ正直いって、もっと小ぢんまりしたもんを想像してたんだが、一日一善爺こと故笹川良一の息のかかった建物は違うな。
建物全体がでけぇ船の形してて、中はメインの展示だけでたっぷり3フロアもありやがる。

テーマが船全般で、結構最近の船(特に旧海軍と自衛隊か)へ寄り気味なんで、帆船部門はわりとサラリと流す感じの展示内容になっちまってんのは、やや残念ではあるよな。

で、宗谷だ。
宗谷は元々ソ連向けの、4000tそこそこの貨物船に過ぎねぇ。
おまけに南極観測の話が持ち上がった頃にゃあ、船齢20年のボロ船だったわけよ。
そいつを改装して、観測船へ仕立て上げたってのもすげぇんだが、こいつが実物を目にしてみると、あまりに小せぇんでビックリする。
さらにブリッジあたりまで登ってみると、これまた小ぢんまりして、かろうじて壁と屋根がついちゃいるが居住性なんてもんは無いも同然だ。
観測船当時は、インド洋渡ってくってのに、もちろん冷房もナシだ。

実際、こんなもんで南極まで行った(それも6回も)ってのは、ちょいとにわかにゃ信じられねぇ。
あげく、観測船をお役ご免になった後も北海道で補給・巡視に使われて、退役したのは1978年だぜ。
進水してから実に41年間現役。

ここまでくると、無茶通り越して良い意味でのバカだ。

昔のヤツぁ気骨があったのか、それともよく分かってなかったのか。
同時開催されてた南極観測50年記念の特別展示の方も見ながら、俺ゃあちょいと感慨深かった。


その後、遅れて合流したCharlotteを交えてバカ辛い麻婆豆腐で遅いメシを食い、歌舞伎座へ芝居見物に行くRanzoを見送って、羽田空港へ向かった。

ヒコーキが見たかったんだよ。

他に理由は特にねぇ。
着陸進入してくる飛行機のスラストリバーサーの轟音や、ジェット燃料の匂いに囲まれてると、無性にどっかへ旅へ行きたくなるもんだ。

関係ねぇ話だが、俺はどっかよその国へ何かを見に行くってとこも勿論好きだが、ただヒコーキへ乗って飛び立ったり降り立ったりすんのも大好きだ。
床一枚下、壁一枚向こうにゃ超高速で流れ去る空気しかねぇ、なんてワクワクしちまうじゃねぇか。
雲海の上でまばゆい太陽の光を浴びながら、見た目はのんびり、実はとんでもねぇ速さですっ飛んでる、なんてのも面白ぇ。
離陸直前の飛行機がエンジンからフルパワーを搾り出し、えれぇ勢いで滑走する時の、イスへめり込む感じも堪らねぇ。
着陸ん時の、車輪が大地へ着いた後へドカンと来る衝撃も最高だ。

要するに、ヒコーキって乗り物自体が好きなんだな。

近いうちに、またどっかへ飛び立つことを心に誓いつつ、俺達ゃ羽田を後に、都心へと引き返した。


歌舞伎座の近所の飲み屋で、舞台のハねるのを待ちながらチビチビと飲む。
Charlotteは、事情はよく知らねぇが、最近までほぼ禁酒状態だったってんで、まぁあわせて大人しく飲ってたわけだな。
Charlotteたぁ今度が初の顔合わせで、おまけにここんとこ俺もヤツもあまり海へ出てなかったせいもあって、妙に気ぃ使わせちまったみてぇで、悪ぃことしたな。

その後、舞台がハねて合流したRanzoと、河岸を変えて2杯ほどひっかけながらあれこれ語る。
ガラにもなく、結構熱く語ってたように思う。
翌日以降に用事のあるCharlotteはここで離脱。

残った俺達ゃ池袋へ移動、ホッピーでホルモン焼きをつまんだ後、例のイカした店「Asha」へ。
半年ぶりの来訪だったが、トサカの格好いいマスターは俺の顔を覚えてた。
カウンター商売ってもんはこうでなきゃいけねぇ。
ギネスとアードベッグ(なんかまた結構珍しいボトルだったが、酔っ払ってたんで失念)でキレイに酔っ払う。

最後はまた例によって最上等のハンバーガーで締め(ラーメン屋が閉まってたので)、おそらく午前3時頃、俺ゃあ定宿になっちまったカプセルホテルへ転がり込んだ。

翌日は、原宿の美術館へ浮世絵見に行ったりしたんだが、そいつぁまた別の話だ。

とにかく思い返してみるにつけ、酒飲んでばっかりだったが、迎撃に来てくれた2人にゃあ心から礼を言いてぇ。
短い滞在だったが、楽しかったぜ。

次ゃあもちっと頭数揃えて賑やかにやろうぜ。
posted by ブリアレオス at 14:25| Comment(4) | TrackBack(0) | 航海日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
またハンバーガーか!?w

キレイに酔いつぶれずアードベックの銘柄メモしといてくれよw
Posted by カパちゃん at 2007年02月15日 16:56
そんで船長は日本丸をいつ見に来るのでしょうか
ハヨコイハヨコイ
Posted by アマンダ at 2007年02月16日 00:19
>カパさん
無茶言うな、酔っ払いに行ってんのに、素面で帰るなんざぁ無理な相談だ。

アードベッグの銘柄は、直接トサカのマスターに聞け!w

>アマンダ姐さん
まぁ、横浜も東京も似たようなもんだしな。
美味い食いもんと酒があって、グラスかち合わせる相手がいるとこなら、ヒマとスキみて行く用意はあるんだがな。
Posted by ブリアレオス at 2007年02月16日 11:18
今晩は。
先日はお時間取らせてしまいましたが、とても楽しかったです。
どうもありがとうございました!
ぜひ、また蒼薔薇の皆さんとも遊びたいと思っていますので
これからもよろしくお願いしますw

リンク貼らせて頂きました(*ノェノ)

Posted by スパロウ船長 at 2007年03月01日 23:03
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。