2005年11月28日

砂漠に日は落ちて

イルリナさんから中東・インド行きの話を持ちかけられた頃、カリブツアー帰りの俺は別口の考古学調査を抱えて、アレクサンドリアでナイル川溯上の準備をしてた。

抱えてる調査を片付けて身軽になったら是非ご一緒させてもらおうぜって事になって、俺ゃあ手っ取り早く発掘調査を切り上げると、発掘品は二束三文で冒険者ギルドへ叩き売った。

scepter.jpg

「プトレマイオスの王錫」じゃねぇかって事になってたが、どうせレプリカだろうしスヴェンが踏んづけて軽く折れたりしてたんで、まぁよしとしようぜ。
(折れたとこは適当に砂をなすっといた)
その後いくつか用事を片付けて待ち合わせのアレクサンドリア港へ向かったのさ。




続きを読む
posted by ブリアレオス at 13:18| Comment(3) | TrackBack(1) | Episodes | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月24日

Caribbean Blue holiday

昼下がり、街の喧騒を遠くかすかに聞きながら、ここはリスボン冒険者ギルド奥の一角。

hideout.jpg

「あいつを消しちまいな」

と非情に命令を下すマフィアの首領・ナータと配下のヒットマンの面々。

ではなくて、Oceanblue Roses・商会内イベントのカリブツアー出発待ちのひとコマだ。
まだカリブへ行ったことがなかったり、あっちに戦闘イベントを抱えてたりって面子がいたので、そいつを片付けてついでにカリブ観光もやっちまおうって企画だ。

赤いのやオレンジのや、キッドやらホーキンズやら色々いるだろ、カリブ海。
商会ぐるみで繰り出して物騒どころに対抗しつつ、リゾート気分を満喫しようって寸法よ。

ひさびさに画像も多いんで、以下は続きへ隠すとしよう。


続きを読む
posted by ブリアレオス at 13:18| Comment(2) | TrackBack(0) | Episodes | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月16日

大航海飯店の客たち

昨日のエントリに山ほどコメントがついちまって、耳に痛ぇ。

あれこれ考えて1日経過した。

基本的なとこじゃ俺の気持ちは変わらねぇ。

が。

激情のままに書き込むエントリが舞い上げた灰神楽、治まってみりゃあ言葉の足らねぇとこは実に多かった。
山ほどついたコメント読んで、あぁ、こう言いたかったんだなと思ったりした。
コメントくれた皆、ありがとうよ。

今日は反省も込めて、ちょいと冷静にそこらを書いてみようじゃねぇか。

続きを読む
posted by ブリアレオス at 15:53| Comment(11) | TrackBack(0) | 航海日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月15日

百本腕、迷走中につき

整理がつかねぇ上に、ちょっとカラい内容なんで隠しとく。

ここ最近のモヤモヤだとか、いろいろな。


続きを読む
posted by ブリアレオス at 15:59| Comment(12) | TrackBack(0) | 航海日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月11日

実写版生物学

やってみた。

biology.jpg

色は大目にみてくれ。

そして、やってみてから本ではなくて巻物の上にのっていることに気がついた。
さすがに巻物は置いてねぇんだよな。
posted by ブリアレオス at 19:50| Comment(3) | TrackBack(0) | 航海日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月10日

井の中の蛙

何かを生み出すチカラはどこから沸いて出るのか。

一心不乱になにかを作ってみたくなる。
山ほど積まれたプラモを作るにはちっと気力が足りねぇんで、ペーパークラフトを製作。

KeiCraftのペーパークラフトセットから、アマガエルをチョイス。

用意する道具はハサミとクラフトナイフとピンセット。


続きを読む
posted by ブリアレオス at 22:41| Comment(3) | TrackBack(0) | 航海日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月09日

サルガッソー

モチベーションが上がんねぇ。
仕事が忙しかろうが、風邪で体調が悪かろうが、人間モチベーションがありゃあ乗り切れるもんだ。
乗り切れねぇのは、モチベーションが下がってるせいだな。

ジタバタしてみるが、どうにも下がりっぱなしで上がってこねぇ。
時々こんな具合に沈む時期がある。
こうなっちまうと、何やっても楽しくねぇ。
自分のなかに、語るべきものがなくなる。
発するべきものが底をつく。
ネット上で、何も発しないことはつまり死んだのと同じことだ。

今の俺はゆるやかに死んでるのと変わらねぇ。

定期的に枯れる井戸みてぇに、一度干上がると、いつまた満ちるのか分かんねぇ。
こんな時ゃアウトプットするもんがなくなっちまった、と素直に認めた方がいい。
そこで、今はインプットする時期だと切り替えを図ってみる。
本を読み、音楽を聴き、絵や映画を見、街を徘徊し、くたびれたら寝る。

そんな日々の中で取り込み中の物など。


続きを読む
posted by ブリアレオス at 15:21| Comment(4) | TrackBack(0) | 航海日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月03日

続・インターナショナルな客人

とか言ってたら、本場・エスパニョーラもご来場してたみてぇだ。

google-Espana.JPG


ちなみに「Briareos」でイメージ検索をかけると、ウサ耳サイボーグの画像が大量にヒットする。
2ページ目に忽然と俺の画像が混ざりこむのが世の不思議。
もし、俺が爆弾テロに巻き込まれたりすると、あんな風になるのかもしれねぇ。

ホント、どこから誰が見に来るか分かんねぇよな。
posted by ブリアレオス at 08:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 航海日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月02日

インターナショナルな客人

時々、ここのアクセス解析をみる。
妙な経路でここへたどり着いてる人がけっこういるみてぇで、みてて楽しい。
願わくば、たまたまここを目にした人が、また見に来てくれるといいんだがな。

世のなかサーチエンジンってヤツが賢くなったせいで、それこそ色んな検索からここへ来ちまう人が居る。
中にはまるで「大航海時代」と縁もゆかりもねぇ人もいる。
昨日の傑作はこいつだ。

google.JPG


なんとアラビア語だ。
こいつは、俺が前にアデン行ったときの「Aden.jpg」って画像を、googleのイメージ検索で引っ掛けたらしい。

Aden.JPG


この画像だな。


インターナショナルなサイトになっちまったもんだよな、ウチも。
こいつをコピペしようとしたら、カーソルの→押すとカーソルが左へ動くのがなんとも妙だったぜ。
(フォントか何かの関係でコピペは出来なかった)

こいつを引っ掛けたのはどこのどいつだろう。
アラビア語圏のサボリーマンか?
それともアラビア語圏の小学生だったりしねぇだろうか?
学校の授業の一環で、「アデン」を調べたら妙なヒゲ面の男が海辺でたたずむ画像をヒットした、なんてことは?
そいつの目に日本語で書かれた架空世界の航海日誌はどう映っただろう。
翻訳エンジンに放り込んだりしただろうか?
色々妄想しちまう。

余談ながら、昨日のページ別アクセス検索には、全エントリをくまなく見た跡が残ってた。
アラビア語でコメントがついてりゃ最高だったんだがな。
posted by ブリアレオス at 09:20| Comment(1) | TrackBack(0) | 航海日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月01日

青薔薇、北へ

一回書いた記事が、けったくそ悪ぃことに消えちまったんで再投稿だ。

このたび、商会の本拠地をナポリからロンドンへ移転することになった。
世界中を動き回るようになって、ナポリは戻る本拠地としちゃ奥まってて行きづらいってのが主な理由だ。
移転するコマンドなんてねぇから、一回解散してロンドンで再立ち上げする。

事前に通知してたとおり、昨日10月31日に一時解散(といっても消滅してたのは正味1時間ほどだが)だ。
全員を除名(再設立前提でもなかなかイヤな気分だった)して、最後に再申請の通知を商会メールで通知して自分が「脱退」。
ナポリのOceanblue Rosesは解散となった。

さらばナポリ。
さらば地中海。
また会う日まで、アリベデルチってわけだ。

そういうわけで、今度はロンドンに青い薔薇が咲くことになった。
しっかり根付いて、もっと大きな花が咲くといいよな。
posted by ブリアレオス at 19:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 航海日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

放蕩息子「愛」を語る(騙る)

ケイロンの野郎が不敵にも面白ぇバトンを投げて寄こしやがった。
むげにスルーしちまうのも野暮なので、答えてみるとしようぜ。

あらかじめ注意事項を書いとくと、俺ブリアレオスとリアルな中の人とは、分かちがたく不可分だが別人格だ。
リアル中の人は、初対面の相手にいきなりバックドロップを決めたりしない事を強調しとく。

しかしながら、今回の質問内容について、ほぼ両人格の意見が一致してることも白状しとく。

ってぇとこが了解出来たヤツぁ、続きへ進め。



続きを読む
posted by ブリアレオス at 19:09| Comment(4) | TrackBack(2) | 航海日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。